▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼ クロロの額の十字

クロロの額の十字


<<BACK | TOP | NEXT>>

最近、旅団の妄想ばっかりしてます。
旅団結成時のことは謎が多いので、あれもこれも伏線のような気がしてきます。
まあ、最後まで明かされない可能性も十分ありえますが

で、クロロの額に十字があるのにも、何か深いわけがあるかもしれない。
ただのファッションじゃないのかもしれないのです。
たとえば、「誰かに念をかけられた」時のしるしだったりするのかもしれない。
そいつが、クロロに操作系の何らかの念をかけて、
それが原因で、クロロの根本的な性格が変わってしまった、のかも。
いまだに額に印が残っているということは、クロロがその念の解除条件を満たす前に
そいつを殺してしまい、そいつが恨みを持ったまま死んだか、
かけられた念をあえて消してないのか…
もしその操作系の能力が、「何らかの指令をしてはじめて効果を発揮する能力」だったら、
そいつが生きていても、指令さえされなければ問題ないのだから、
あえて生かしている、ということも有り得る。
そいつは、パクノダがメモリーボムで記憶を消してから、どっかに放置すれば良いし、
団長は今後、他の操作系の能力者に操作される心配も無くなる。

と、こんな妄想ばっかりしています。
どうせ答えは出ないし、穴だらけだと思いますが、結構楽しいです。
いつかちゃんとまとめてマンガにでもしたいなぁ。

▼以下穴だらけの妄想
 流星街の一角に、子供たちが集められ、訓練されている施設があった。
その施設の目的は不明。ただ、流星街の中でも異質な思想の元に運営されていたようだ。
外観は教会、指導官たちは修道女に扮し、表向きは孤児院のように偽装されていた。
クロロは物心ついたときにはそこで生活していた。
そこに集められた子供たちは、一定の年齢になると、施設の院長によって
体のどこか一箇所に黒い十字のしるしをつけられる。
それを付けられた子供たちは、何の疑いもなく規律を守り、命令に従う。
院長は、クロロの顔をまじまじと見つめながら、額に十字を刻んだ。
彼女はクロロの才能に期待すると同時に恐れていた。
 ある夜、施設が何者かに襲われ、指導官が何人も死んだ。院長もだ。
院長が絶命した瞬間、クロロの額、それから頭のもっと内部に痛みが走った。
十字が消え、院長の念から解き放たれた子供たちは散り散りになった。
しかしクロロの額の十字はなぜか消えなかった。
院長はクロロに執着していた。彼女の偏った強い愛情、それに勝る憎しみ、嫉妬、
それらは一心にクロロに向かい、そして残った。
クロロは、気づくと荒地に立っていた、以前のことがよく思い出せない。
彼は心の底から湧きあがってくる、漠然とした使命感のようなものを感じていた。
「何か、目的があったはずだ」
クロロはとりあえず、強い仲間を探すために歩き出した。(続かない)
スポンサーサイト

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。