▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼ 拍手、メルフォお返事

ジャンプ本誌もアニメも楽しく見ています。
ジャンプの展開面白すぎますね。興奮しっぱなしです。
アニメも、テンポが良いし、声も作画も好きです。

ただ、キメラアント編に関して考えたい事と描きたいことがまだあるので、
しばらく思考がキメラアント編でとまっていると思います。
シリアスばかりになると思いますが、もし良ければ読みに来ていただけると嬉しいです。

でもいつか新展開で思いっきりギャグ描くんだ!!フーーーーウ!!!


拍手を押してくださった方、ありがとうございます。
また、返信不要でメッセージをくださった方、ありがとうございました。
続きを読むからお返事があります。
.



▼18日(金)

>坂本さん
こんにちは!ご丁寧にご報告いただきありがとうございます。
無事に届いたとのこと、安心いたしました。
いえ、対応が遅れましたこと、重ねて深くお詫びします。
拙い本ではありますが、原作、そしてキメラアント好きの方に
手に取っていただけることが何よりも喜びです。
また、サイト運営を応援していただいてありがとうございます。
いろいろと更新がままならない時もありますが、
これからも熱い気持ちで原作を追っていきます!
お暇な時にでも見に来てくださると嬉しいです。
坂本様も、これからの季節どうぞご自愛ください。


▼19日(土)

>ごるびいさんの描かれるナックル・シュートが…の方
ありがとうございます!
そう言っていただけると嬉しいです。
私もあの二人がとても好きなので。
パームも入れるとなお良いですね!笑
ナックル・シュートのその後漫画も、まだ今後描いてみたいです。

>Nonさん
応援に引き続き、ありがとうございます!
モヤモヤしてましたか?私もです。
初読は本当に感動して号泣して、イイハナシダッタナーっていう感じでしたが、
それとは異なる意見を目にして、私もモヤモヤしたんです。
なんで自分はあの結末に感動したのか?
コムギって本当に幸せだったんかな? と。
それで自分なりに結論をまとめてみたのですが、Nonさんにしっくりきていただいたのなら何よりです。
本当に描いたかいがあります。
私はコムギは救われたと思います。
そして、読んだ時にそう感じて感動することが出来て良かったと思います。
いまだに気持ちは沈んでるし、喪失感が半端無いですが…。
少年ジャンプ誌面であそこまでラブラブ無双キャッキャウフフとかもう本当に斬新ですよね笑
確かに少女漫画タッチでした。キラッキラしてました。

>藤橋さん
こんにちは。
なんとも、もったいないメールをいただき、本当に嬉しく思いました。
原作も怒濤の新展開の中、自己解釈たっぷりの蟻編シリアスを上げるのはかなり不安だったので、とても安堵しました。
軍儀王の孤独を読んで、また原作を読み返してくださったとのこと、これ以上嬉しい事はありません。
コムギが「自分がこんなに幸せでいいのか」と泣くシーン、
コムギについて考えれば考えるほど、心の震えるセリフですよね。
コムギにとって、孤狐狸固を殺してしまったことは、想像以上に深い傷を残していたんだ。
コムギは自分が幸福になることにどこか負い目を感じているんだ。
その考えに至った時、私もどうしようもなく泣けてきてしまいました。
メルエムと共に生きることを選んだ最期、救いがありましたよね。
幽遊白書やレベルEのように、種族を超えて共存して行く終わり方ではありませんでしたが、
あの二人の結末には、私も救いを感じました。
かなり前ですが、メルエムがコムギを食べてしまうのでは…?
なんてレベルEのパロ漫画を描いたりしましたし 笑
こちらこそ、読んでくださって本当にありがとうございました。


▼20日(日)
>つかささん
こんにちは!漫画読んでくださってありがとうございます。
1年ほど前から…!ずっと更新が止まっていたにもかかわらず、
見に来ていただいていたなんて、本当にありがたく思います。
更新停滞中もアクセスしていただいたり、拍手を押してくださる方がいたので、
またこうして戻ってくることが出来ました。こちらこそ、心から感謝いたします。
シリアスな漫画も気にいっていただけて、とてもほっとしました。
自分の主観が多くを占めるものですから、共感していただけると嬉しいです。
単行本やジャンプを読み返しながら、そのたびに泣きながら(笑)、
いろいろなサイトで解釈のヒントを探しながら描いたので、
完成度が高いと言っていただけると報われた思いです。
コムギの軍儀への覚悟、気迫を描きたかったんです。
それが伝わり、もう一度本編を読み返していただけるなら、これ以上ありません。
こちらこそ、こんなに素敵な感想とお気遣いの言葉をくださり、本当にありがとうございます。
こうして、一つの作品を通じて共感しあえるってすごいですよね。
なんとも言えません。感動します。
またいろいろ描くと思いますので、お気軽に見に来ていただけると嬉しいです。
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。